元風俗嬢の友人に聞いた話

風俗に頼りたくなる時、多いです

ふと頭の中に風俗がよぎることは結構多いですね。イライラしたりフラストレーションやストレスもそうですし、単純に性欲が溜っているなって時もそうですね。とにかくいろいろなシチュエーションで風俗を連想するということは、それだけ自分の中で風俗の存在が大きな物になっているってことなんじゃないのかなって。そうでなければ脳裏によぎることなんてそうそうないと思うんですよ。脳裏によぎるということは、それだけの存在だからこそだと思うんです。特に仕事面ですよね。イライラさせられることが多いというよりも、むしろイライラとどのように付き合うのかが社会人に問われていることなんじゃないのかなとさえ思いますので、風俗でイライラを解消しなければならないんですよ(笑)社会人に求められるスキルっていろいろなものがあると思うんですけど、どのようにしてストレスを解消するのかって点も当然のように求められているんじゃないのかなって思いますので、風俗ですよ。小倉ソープは風俗じゃぱんが情報多数掲載!

誰がとかじゃなく、業界が好きなんです

風俗は誰がとかじゃなくて風俗業界そのものが好きなんですよ(笑)これだけ男を満足させることだけに特化した業界、他に無いんじゃないかなと思うんですよ。しかも風俗は個別にたくさんのお店や業者がありますが、それらは同業者であり、ライバルでもありますので風俗業界内の競争たるや生半可なものではありません。業界内の人にとっては大変なことだと思いますけど、お客としては切磋琢磨し合っているおかげでサービスの質が高まるなど、悪いことはないよなって気持ちになれるんですよね。だから風俗で遊ぶ時、ホームページでいろんな女の子を見てから選びますけど、誰を選んだとしてもある程度の満足感は保証されているんだろうなという気持ちもあるんです。言わば業界そのものへの安心感と言ってよいかもしれませんが、そのおかげで自分のモチベーションなんかも割と違ってきたりするんですよね。だから風俗は業界そのものに対して感謝の気持ちでいっぱいですよ。